北見合同47-27空知旭川選抜

スピードとフィジカルで上回り前半を優位に進めゲームの主導権を握りました。
 セットピースもラインアウトの安定やスクラムでのターンオーバーもあり安定したゲーム運びでした。

 後半はペナルティからゲームの流れを悪くさせ、ゲーム終盤に3連続でトライをされるなど相手ペースでゲームが進みました。

 途中出場した大矢根はゴール前ラックからアングルチェンジでボールをもらいトライをしました。練習ゲームも含め初めてのトライ。これまでは基本に忠実なプレーでトライを演出する側でしたが、基本に忠実なコースに走り込んでボールをもらう彼らしいトライでした。
IMG_4265
IMG_4266
IMG_4267
IMG_4268
IMG_4269
IMG_4270
IMG_4271
IMG_4272